生活圏での出会い

生活圏での出会い

生活の中で関わる人は恋愛関係になる前に悪い点も含めて人柄を知れるのが良いところですよね!

また、合コンやマッチングアプリなどとは違って、出会いの機会を作らず、自然と会えるのが最大の利点かと思います!

そんな生活圏での出会いについて、主なものを解説してみたいと思います!

職場での出会い

職場では、プライベートではなかなか見えない、その人の本質的な部分が見えるのがいいところですね。

職場では「仕事モード」で、プライベートよりも自分感情を抑えている人が多いと思いますが、仕事ではハイレベルなプレッシャーやストレスに晒されることも少なくないので、結構負の面を隠しきれない人がいます。

例えば、忙しい時に人を邪険にしたり、イライラした口調で話したりなど、余裕がなくなると普段と違った様子になったりとか(もちろん普段と変わらない人もたくさんいます)。

そういう部分まで見た上で関係が発展するならば、付き合った後のギャップも少なくなるというものですよね。

ただ、職場の人は会う頻度が高いので、上手くいってもいかなくても仕事に影響しそうで関係性を発展させることを躊躇したくなってしまう部分もあります。

「職場では絶対に恋愛しない」と豪語する人もいるくらいです。

しかし、毎日のように顔を合わせる環境なので、恋愛に発展しやすいですし、事実として世のカップルが相手と出会ったきっかけは職場が一番多いんですよね。

社会人ともなると時間に融通が利かなりがちで、気づいたら周りがみんな結婚してる!というのは30代あるあるです。。。

ということで、職場での機会は是非とも活用したいところです!職場恋愛については体験記がありますので、興味があれば以下のリンクから飛んでください。

職場恋愛体験記
職場恋愛の実体験を紹介します。興味があれば見てみてください^^

友達の紹介

友達の紹介はカップルの出会いで2番目に多い機会と言われています!

紹介の良いところは友達が出会いの機会をセッティングしてくれること、友達が第三者として人物評価し、相談にものってくれることですね!

何回か友達と一緒に遊んだりすると自然と仲良くなりやすくて良いですね!

ただ、お相手に変な対応をしてしまうと友達との関係にヒビが入ることがありますので、この点には注意が必要です。。。

趣味

映画、ランニング、ゲームなど色々は人それぞれです。

多くの趣味には大概コミュニティがありますし、そういうものを通じて異性と知り合うという手があります。

私はSNSで自分の趣味に関するコミュニティの仲間入りをし、オフ会などで会った人と仲良くなりました。

共通のコミュニティで活動しているなら自然と会えますし、仲も深まりやすいです。

シェアハウス

シェアハウスというと、ルームシェアのイメージで知らない人といつも一緒にいなければならないというイメージがあるかもしれません。

そういう条件で住む物件もありますが、それぞれに個室が用意されているところもかなり多いです。

要するにマンション一棟まるごとがシェアハウスのようなイメージです。

自分の部屋を持ちつつ、広いリビングのようなところで交流を図れるようなところもあるので、「ちょっと今は交流する気分じゃないな・・・」という時には自分の部屋に篭れば良いので、プライバシーもバッチリです。

年齢層は物件にもよりますが、20代~30代前半がメイン層かと思います。

とはいっても今まで一人暮らし、実家住みだった方が急にシェアハウス入りに踏み出すにはちょっと勇気が入りますが、馴染めさえすればとっても楽しいです。

仕事の日は夕ご飯を住民と一緒に食べ、休みの日は日中から遊んだりなど、かなりリア充っぽい生活を送ることができます。

また、一緒にいる時間が長いので、恋愛にも発展しやすいです。

相手の人柄や生活状況も良く分かるので、私のイチ押しです。

シェアハウスについては、3年ほど住んでいたので、体験記を書いてます。興味があれば以下のリンクから飛んでください。

シェアハウス恋愛体験記
シェアハウスでの恋愛体験を紹介します。興味があれば見てみてください^^
タイトルとURLをコピーしました