相手との関係を進展させる

その他

相手との関係を進展させる

マッチングアプリ、合コン、婚活パーティなどなど、異性と1:1で合うきっかけは様々ですが、これを上手く進められないと、交際に発展させるのは難しいですよね。

しかし、付き合うまでの過程というのは人それぞれ考え方が異なるので、一概にこうだ!と言い切ることはできません。

しかし、毎度ただ会うだけでは関係が進展しづらいのは間違いないと思います。

つまり、会うたびに目的や相手への接し方などに変化をつける、ということですね。

ということでこの記事では、そういったところに前提を置きつつ、対面でのやり取り(以下デートといいます)を解説していきます。

付き合うまでのデート回数

3回以内を目安にしましょう。3回目でまだ「そういう雰囲気じゃないな」と感じたら、+1~2回くらいで告白までいきたいところです。

婚活している女性に話を聞くと、「1回合えば付き合えるかどうか判断できる」、「3回目までには告白してほしい」などといった意見を聞きます。

思ったよりも早めでOKな人が多いんですよね。

また、「何回も会ってると恋愛対象として見られているのか友達として見られているのか分からなくなる」なんていう話も聞きますので、早めのアプローチを心がけましょう。

きっかけが婚活・恋活的なものですし、元々友人・知人関係ではないので、そんなに時間をかける必要はないと思います。

デートプラン

毎回夜に食事だけ、など同じパターンの連続は新鮮味に欠けるので、避けた方が良いと思います。

元は知らない人同士だし、同じようなシチュエーションだと会話の内容にも行き詰まりやすくなってしまいます。

会うたびに関係が進展していくようなプランを練り、実践していきましょう!

1回目

日中にランチかカフェでお話しするなど、軽めの内容にしておきましょう。

もちろん夜飲みに行っても全く問題ないですが、時間的には「まだもうちょっと話したいな」と思うくらいで切り上げると良いですね。

目安は2時間くらいですね。ただ、早く切り上げるだけだと、「楽しくなかったのかな・・・」と思われてしまう可能性があるので、楽しかったことを口頭で伝えるのと次会う約束をしておけば大丈夫です。

1回目のデートで目標とするのは「タメ口で話すこと」です。

会ってすぐタメ口はNGですが、話していく中で自然とタメ口に移行するのはOKです。

また、受け入れてもらえるかどうかは分からないのですが、「もっと仲良くなりたいと思っているので、そろそろ敬語で話すのやめませんか?」と仕切りを入れてしまうのもアリです。

ただ、会話が盛り上がってない時に提案すると微妙な空気になってしまう可能性もあるので、場の雰囲気を読みつつという感じですね。

年齢差があり、受け入れてもらえなかったとしても、「もっと仲良くなりたい」ということも合わせて伝えると言われた相手も悪い気はしないはずです。

ずっと敬語で話していると、緊張感という名のバリアが張られたままの状態になると思います。

なので、このバリアを破ることで関係を深めていく準備を整えましょう!

2回目

2回目は夜食事に行くのが良いと思います。食事に行くだけだと物足りない場合は、食事前に映画に行くなどしても良いです。

この日は特に切り上げなどは気にせずに色々話しましょう。

敬語で話すのをやめていれば、また話の弾み方の違うと思います。

しかし、ただ漫然と話していても仕方がないので、恋愛関係の話や好意を持っていることが分かるような言葉を端々に挟むなど、異性としてアピールしている雰囲気を出すことが重要です。

この雰囲気が1回目と違うポイントになります。

この雰囲気で、相手に自分を強く印象づけることができます。状況次第では、もうこのタイミングで告白してしまっても良いでしょう。

3回目

3回目はいよいよ大詰め、ここまで順調にきていれば、程度の差はあれどもお互い好意を持っているの状態ではないでしょうか。

3回目のデートでは、昼と夜の2食を共にするようなデートをおすすめします。

そんなこと言われても何すればいいの?と思う人もいるかもしれませんね。

ということで、実際に私が組んだプランを3つほど紹介してみます。待ち合わせは全て昼の12時ごろです。

・オクトーバーフェスト(イベントで飲食)→水族館→ジンギスカン

・大きな街の商店街で食べ歩き→映画→和食居酒屋

・競馬場(場内で飲食)→某北欧家具店でブラブラ→イタリアンダイニング

統一感は全くないですが、どれも楽しいデートになりました!ちなみに競馬はお互いギャンブルに全く興味ないのに行きました笑

ここまで順調にきていて良い雰囲気であれば、夜の食事後に告白し、交際をスタートさせましょう!

もちろん、まだちょっと上手くいきそうにないな~と思うようであれば、無理する必要はありませんよ。

4回目以降

付き合っていない状態で会うのが4回目という状況は、まだ自分の気持ちが盛り上がっていないか、それとも相手の気持ちが分からないくて告白に踏み切れないかのどちらかでしょう。

自分の気持ちが原因であれば、ひとまず交際してみるのもアリかと思います。

付き合ってみないと分からないことがたくさんありますし、関係が変わることで相手への気持ちが急激に大きくなることもよくあることです。

大人になればなるほど、経験値が増えて新鮮味がなくなっていくこと、どうしても現実的に物事を考えてしまうことなどから恋愛しにくい体質になりがちです。

私もそうなりました。そして、気持ちより先に恋人関係になることを先行させたのですが、その後も順調に交際が続いたので、今ではそうして良かったと思っています。

相手の気持ちが分からなくて不安だ、という理由で告白できない場合には、今までの相手の言動を思い返してみましょう。

あなたに好意を向ける言葉があったか、これまでのデートで楽しんでいたかなどですね。

出会いのきっかけがマッチングアプリ、婚活パーティ、合コンなどであれば、お相手は恋愛したい人であるはずです。

そういった人が全く好意なしに4回も会うことは考えにくいです。あと必要なのは踏み出す勇気だけかもしれません!

タイトルとURLをコピーしました